FC2ブログ

あじゃ!あじゃ!

ARTICLE PAGE

2019-20 ソウル☆再生不良少年

久しぶりにカン・チャンさんのミュージカルです!
夏はR&J、秋は432Hzと演劇が続いてたので。
不良少年の話ではなく、再生不良性貧血という難病と闘うボクサーの物語。

当日券を買ったのですが、最前列ほぼセンターが空いてました...
私は最前列が好きじゃなくて(6.時退勤除く)、3列ぐらいがいいなぁと思ってたんですが、
最前列からサイドの席しかなくて、最前空席なのは嫌だなと思って最前列購入。
近すぎてやはり見にくかった^^;

ちぇぶるそ (2)

入場前にくじ引きやってて、当たり引いてなんか分厚い本2冊もらった。
作者が再生不良性貧血と診断されてから完治までの道のりをつづったものだそう。

この作品はプロデューサーが実際に経験した闘病生活をモチーフに、
最初は演劇として作られて、それがミュージカルになったって聞きました。違ったかな?

再生不良性貧血は、骨髄の中の、血液の元になる造血幹細胞の再生がうまくいかず、
赤血球、白血球、血小板すべてが減少して貧血が起きる病気。
症状としては、動悸・息切れ・倦怠感に加え、発熱や咳の感染症の症状が出たり、
ケガしてないのに青あざができたり出血しやすかったり血が止まりにくいとかあるそう。
白血病と似てるけど違うみたい。
白血病は変異した白血球が増殖して正常な血球の生成が抑制されてしまう血液のガン。

分かりやすく言うと、
白血病は不良品を作り出す工場
再生不良性貧血は稼働を中断した工場

だって。なるほど。

そんな体でボクシングできないじゃん><


ちぇぶるそ (1)

バンソク:カン・チャン
ソンギュン:チョ・ウォンソク
スンミン:キム・バンオン
コーチ:キム・セジュン
医者:チョン・ヨンア

難しい単語いっぱい出てくるのかな~ついていけるかな~
と思ったけど、見てたらなんとなく分かる系のやつ。

天才ボクサーだったけど親友のスンミンとの苦い記憶によって
リングに上がれなくなったバンソク。
さらに突然病気の診断を受けすべてに絶望して心を閉じていた彼に
しつこく絡むのが同じ無菌室で長い入院生活を送るソンギュン。
バンソクはめちゃくちゃウザがってるけど、
めっちゃいい子なん。ソンギュン。
自分も病気で辛いのに明るく振る舞って
次第に打ち解けて、バンソクのベッドで一緒に桃の缶詰食べるシーンが好き。
「黄桃が好き?白桃が好き?」って聞くのかわいい。食べてるのは黄桃。
私は生だと白桃が好きだけど缶詰は黄桃派♡(どうでもいい)

この日はウォンソクさんがフォークから桃をすべらせて落としてしまうハプニングがあり、
「ああ”っ、、、泣」となってカンチャンさんめっちゃ笑いながら「これ食え」って
缶詰に残ってる桃をあげて、テーブルに落ちた桃を片付けてくれてました

2人で外出して、食べちゃいけないカップラーメンを作って、
食べるか我慢するか葛藤してるとこもかわいかった~

ちょこちょこ回想でバンソクがボクシングするシーンがあるのですが、
ボクシングのユニホームって脇が大きく開いてるじゃないですか。
推しの普段見えない部分が見えてしまう!と思ってドキドキしちゃいました←
脇毛とか苦手なんですよねー。でもほとんど見えなくてよかったです。
処理してるのか元々そうなのかわかんないけど、めっちゃ薄い(笑)

悲しい話でもあるけど感動的で明るい作品。
おもしろいかと言われると、私はあまりそう思わなかったけど、
ポップな曲が印象に残りました。



終演後ファンカフェのマスターさんがくれたバンソクシール!

ちぇぶるそ (3)

し〇ちゃんやんwめっちゃかわいい

あと他のファンの方にもカードいただきました~

ちぇぶるそ (4)

めっちゃ絵うまい!クオリティやば!しかも日本語もうまい!
嬉しいですね~~
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply