FC2ブログ

あじゃ!あじゃ!

ARTICLE PAGE

2019-20 ソウル☆窓から逃げた100歳老人

2020年最初の観劇は、ミュージカルではなく演劇のこちら。
「なんとなくおもしろそう」と思ってたら韓国の友達もオススメしてくれて、
しかも安くチケット買ってくれたので行ってきました^^

場所は大学路アートワンシアター2館。上に上がる方です。
舞台と客席が近く横長なので前よりは後ろのセンター席が見やすい。

原作はスウェーデンの作家ヨナス・ヨナソンのデビュー小説。
図書館で借りてきて読んでみましたが、ものすごく分厚くて長くて
登場人物が多すぎてちょっと苦戦しました。
でも「んなアホな!」の連続でめっちゃおもしろくて全然飽きないです!
あ、うそ。ちょっと飽きた。ヒマラヤ越えるあたり。笑

アランというおじいさんが100歳の誕生日を迎えた朝、
「誕生日パーティーなんてしたくない!」って老人ホームから逃げ出して、
駅でヤクザから見張っててほしいと預けられたスーツケース(大金入り)を持ち去ってしまい、
追われる身となり出会った人たちを巻き込んで大冒険するという話。
アランは家の事情できちんとした教育を受けてないけど
ものすごく頭がよくて、爆弾作りの天才なんだけど、
その才能を生かして世界各国を渡り歩いた過去の話も織り交ぜながら
進んでいくので少しややこしい。
世界を動かした偉人、政治家たちがいっぱい登場するので勉強にもなります(?)
フィクションですけどね。ありえないことだらけ。
去年?続編小説が出たし、映画化もされてるのでよかったら探してみてください^^


窓老人2001 (2)

右から、
アラン:オ・ヨン
アラン1:キム・アヨン
アラン2:オ・ジョンヒョク
アラン3:キム・ボジョン
アラン4:イム・ジナ

60以上の登場人物を5人で消化するこの舞台。
分かりやすく名札をつけ替えてぐるぐる早変わりするのがおもしろい!
上半身は警察官、右足は警察犬、クルっと背中を向けるとまた別の人物、みたいな。
ちゃんと声色を変えて演じ分けてるんですよ!
それをサラリとこなす役者さんたちすごい!



キム・アヨンさんは「ダイエットしたい俳優はこの演劇に出るといいよ」って
インスタで痩せたことが分かる写真をアップしてました。
本当にかなりの運動量。しかも他の舞台と掛け持ちしてたらそりゃ痩せる。。。

演劇だけど歌ったり踊ったり、マイムもあり、とっても楽しかったです!
150分はちょっと疲れたけど。
かなりスピーディーに展開するので本読んでいってよかったなと思いました。
あと舞台セットと小物使いがかわいらしくていい!
年代と場所が表示されるんだけど、
ボックスの扉を開けるとその国の国旗と象徴するもの(フランスならエッフェル塔とか)が出てくるのが
素敵でした

窓老人2001 (1)



日本でもやればいいのにな~
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply