オパールカードが便利!

2017.05.28.Sun.00:18
シドニーの電車やバスに乗るときに使うプリペイドカード、それがオパールカード!!



日本でいうSUICAやPASMO。韓国でいうT-money。
駅の売店やコンビニで売ってて外国人観光客も気軽に使えます。
売ってるといっても、カード自体は無料(←ここポイント

店員さんにオパールカード(正しい発音は頭にアクセント付けてオゥパルカードらしい)って言ってチャージしたい金額伝えてお金渡せば、金額分チャージして渡してくれるのですぐに使えます。

電車もバスもフェリーも、↓このマークのカードリーダーにかざすだけ。



乗車時降車時どちらも忘れずに!

残額はカードリーダーに表示されますし、少なくなってきたら少し違う音が鳴ります。
少なくなったらまたコンビニとかでチャージすればOK。
ちなみにチャージすることをTop upと言います。


便利なアプリもあって、カード裏の16桁の番号登録すれば残高確認できるし履歴見れるし、







クレカでトップアップもできます!



あと乗り換え検索もできます!




でもGoogleマップの方が分かりやすいです~
帰りのバス分からなくなったときに声かけた日本人のお姉さんが教えてくれました♡


そして、上の履歴の画像見て気付きましたでしょうか。
水曜と木曜が$0なことに…!
週に8回使うと9回目以降タダなのですすっげ~
乗り換えは1時間以内に乗り継げば1回とカウントされ、最初に乗った地点から最終目的地までの運賃が引かれます。

私が最初住んでたとこは、朝のラッシュ時は家から学校までバス1本で行けるけど帰り(昼)は乗り換えが必要でした。
その乗り換え地点にちょうどショッピングモールがあったので、そこで1時間買い物して、安い区間で回数稼ごうとしてました。

意味わかるかな??説明下手で申し訳ないです…
ホワイトボードに書いてみました。





無駄な力説!笑

しかし!これは私がシドニーいた時の話。
2016年9月から、9回目以降無料ではなく、半額になるだけ。
半額でもありがたいですけどねー!
月~土は支払い上限$15ですが、日曜は$2.5なので、週に9回以上乗らなくても日曜のお出かけはお得ですね

それから、オフピーク割引ってのがあって、
AM7~9時、PM4~6時半のピークタイムは運賃が30%オフになります。
私が住んでたノースエリアは適用外だったけど


あ、それから!ウェブサイトでオパールカードの番号を登録しておけば、万一なくしても残額は保証されるんです。新しいカードに残額移せるとか。
私もやっておけばよかった…(1回落としたことある)


とまぁ、私が知ってるのはこのくらい。
便利でお得なカードなので旅行の際にもぜひ使ってください!!
スポンサーサイト

お金の話。

2017.05.26.Fri.12:04
やらしい話ではなく、どのようにお金を持っていったかと、現地で銀行口座開設した話です。
もう1年経つのでだいぶ記憶が薄れてきてますが。

出発前に準備したこと。
日本で2万円分だけオーストラリアドルに両替。
銀行は手数料高いので金券ショップで替えました。
AUSドル紙幣こんなんです。



そしてワーホリ協会さんオススメのキャッシュパスポートを利用しました。
キャッシュパスポートとは!



です!笑
アカウント登録して好きな通貨にチャージするだけ。
私は最初に30万円分チャージしておきました。
ATMでチャージできるので家族に頼むもよし、ネットバンキングからチャージするもよし。



スペアカードもあるので失くしたりATMにカード吸い取られても大丈夫。
現地で使うときはATMでお金下ろすか、決済手段として(デビッドカードみたいな)も使えます。
海外のATM使うの怖いしめんどくさいので買い物はだいたいカード決済してました。

日本のATMはお金下ろすとき、まずお金出てきて、そのあとカード出てくるじゃないですか。
でもオーストラリアのATMは先にカード出てきて、お金出てくるのめっちゃくちゃ遅いんです。
しかも音で知らせてくれたりしない。
一度、お金下ろして出てこなくて、ボタン押し間違えたかな?キャンセルなっちゃったんかな?と思って後ろ並んでたし一旦その場離れたんですが、
履歴見たら引き出したことになってて、えー!ってなった!
もしかしてATMに取られたのか、遅れて出てきて後ろの人が取ったのか、、、不安になってキャッシュパスポートの相談窓口に電話したら、
「ちゃんと戻ってますよ」と言われて安心。
出てこなかったり取り忘れでATMに戻ったお金は自動的に口座(カード)に戻るらしい。
まぁそんなこともあるので、お金には十分気をつけなきゃ。利用履歴こまめにチェックするのも大事ですよ。笑




そして銀行口座について。
オーストラリアで大手の銀行は、NAB、ANZ、WBC(それぞれなんの略かは知らない笑)と、コモンウェルス。
私はワーホリ協会さんオススメのコモンウェルス。
インターネットでの仮開設の仕方も教えてくれたのでとりあえず仮開設して利用支店を指定して、
現地でその支店に行って本開設します。
仮開設完了メールとパスポート、住所(キャッシュカードが届く)、電話番号、そしてデポジット20ドルが必須。
英語わからなくて翻訳アプリ使いながらひとりで頑張りました。なんとかなるもんですね。
後日カードが送られてきました。



デビットカード機能付きです。
オーストラリアの銀行は通帳がないので、残高はネットで確認しないといけません。
便利なアプリもあります。

そして口座維持費が必要。
最初の6ヶ月は無料とかそんなんだったような?
あと月2000ドル以上?入れてたら免除とか?
うろ覚え。。。
私は2ヶ月一度も使わないままでした(笑)
銀行行って口座閉じる時間なかったのでとりあえず開設時入れた20ドル引き出して空っぽにした状態で帰国。
維持費引き落とすお金もないので放置してたら自然消滅します(笑)
ちなみにNABは口座維持費が無料で、金利も悪くないのでNABを使う人の方が多いらしいですよ。
(ネット調べ)

はじめてのホームステイ

2017.04.27.Thu.00:42
だいぶ時間空きましたがまたぼちぼちシドニーでのこと書こうと思います。

最初の1ヶ月はホームステイ。
私のホストファミリーはスペイン人でした。
日常会話が英語なら出身は関係ないから。
(家族同士の会話半分以上スペイン語やったけどね。あれ?)

ホームステイは当たりハズレあるって言うけど、私の場合は、どっちかというと、ハズレだったかな^^←
ビジネスとして受け入れてる家庭もあるから…
Wi-Fi使うの1ヶ月50ドルとか言われるし(꒪⌓꒪)


かわいいワンちゃん2匹いたんですけどね、
躾けられてないしお散歩もしてないのか?
家中のあちこちでオシッコウンチするから臭くてたまらんかったですよ



渡航前にホストファミリーに私の写真と一緒にメールを送っておきました。
文面覚えてないけど、「初めての留学、初めてのオーストラリアです。会えるのを楽しみにしてます。よろしくね。」みたいな内容を送りました。
日本人が謙遜してよく使う、ご迷惑をおかけしますが…とか、英語は苦手ですが…とか言っちゃダメらしい。
え、迷惑かけるの?じゃあ来ないで。ってなっちゃうんですって。
私ほんとにまったくダメやから言いたかった!英語できませんって!!

ホームステイを選択したこと、日本でろくに英語勉強しなかったことをのちに後悔することになりました。笑
ホームステイはある程度日常会話できる中級以上の人向きなんですね~

おみやげはなくてもいいけど持って行くのが一般的。
お菓子が無難だよねーってことで、ばかうけ(ごま揚しょうゆが好評)とコアラのマーチ(AUSでもかわいいから人気)を。
そしてとっても喜ばれたのが、
貼るカイロ
初体験だったようで、開けたら暖かくなるんだよーお腹や腰に貼るといいよーって教えたら、
素肌に貼るの?って。あったかい湿布と思ったのかな?
寝る前に服の上から腰に貼ってあげたら、翌朝「これすごいよかった!!シドニーで売ってるとこあるかな?」と、気に入った様子でした。

ちなみにDAISOで小さいサイズなら売ってました。

あ、オーストラリアって暖かいイメージあったけど、日本と同じように四季があって、シドニーの冬は普通に寒いです。日本ほどじゃないけど。
寒いのにお家は基本暖房ついてないので日本より寒く感じる。
夜ほんっとに寒くて凍えそうで眠れないです。
めっちゃ着込んで、靴下履いて、毛布にくるまってないと。

私に貸してくれてたお部屋はとてもかわいかったです♡





でもほんとに寒いし、すごい暗いしで勉強もする気にならん。
リビングでファミリーに教えてもらいながら宿題する日もあったけど、
だいたい放課後教室でとか、土日は図書館行ったりしてました。あんまり家にいたくなかったのです…


オーストラリアは水不足だからシャワーは10分以内とかルール決められてるお家がほとんどみたいで、私もそれ聞いてロングヘアをバッサリ切ってショートにして行きましたが、私のホームステイ先ではなにも言われませんでした。
でもシャワールームめっちゃくちゃ寒いから自然と急ぎたくなるので、短くしてよかったです^^

それから洗濯は週に1回だけのお家多いらしいけど、私は少なくとも週に2回はしてくれてたかな。

てかシドニーは全然水不足じゃないと思う。でも高いのかな。
毎日のように雨降ってた気がするけどね~
晴れの予報でも夜降ったり
だから洗濯物が濡れる…
部屋干し文化がないみたいで、雨降ってても気にせず干しっぱなしやから私の最初の洗濯物は3日間雨に濡れてました(笑)
着替え1週間分しかないのに…!
たまに乾燥機使わせてもらってたけど。あるなら最初から使ってほしかった…
電気代も高かったのかな~あんまり知らないけど(笑)

そうそう、あと最悪なのが、たぶん洗濯機すっごい汚くて、洗濯するたびに服が白いホコリまりれになってすごい悪臭する…
だから洗濯後は必ず持参したファブリーズ振りまくってました。


ホームステイでよかったことと言えば、ごはんが美味しかったこと!
豪華な肉料理やグリル野菜が多かったな~





濃いオレンジ色のポテトはサツマイモで、甘くてしっとりホクホクでめっちゃ美味しいです♡

鶏の丸焼きには驚きました。



ちょっとこわい。でもおいしい。

レタスとベビーリーフとアボカド(たまにトマト)のサラダは必ず出てきて、それも好きなんやけど、ただ、めっちゃ塩辛い!
ドレッシングたっぷりな上に岩塩たっぷり振るからね(笑)

あと、よかったのは星が綺麗なこと!⭐︎
シティ(中心部)からかーなーり遠い田舎なとこだったので、夜は真っ暗で星がいーっぱいキラキラしてる!!
日本では見られない星をたくさん目に焼き付けました。星座は知らないけど。


ホームステイ最後の日には折り紙で作った小物入れに折り鶴と手紙入れて渡しました。



喜んでくれたかは分からんけど(笑)

「あなたはとてもいい子だったわ♡またいつでも遊びにおいで」
と、決まり文句であろう言葉をいただいて、
外までお見送りされることなくあっさりお別れしました笑笑

まぁみんな優しかったしいい経験でしたよ♡

オーストラリア到着後

2017.01.11.Wed.20:40
夜に大阪を出発、そして翌日の朝4時頃にケアンズ到着。
ここで一旦荷物を受け取り、入国審査。
並んでいると、空港の職員に自動ゲートに誘導されました。
パスポートをかざして通るだけ。
オーストラリアは外国人でも今は機械でどうぞ、なんですね。
楽でいいですが、スタンプ押してほしかったです。

税関も何事もなくクリアし、国内線へ乗り継ぎ。
ケアンズは国際線ターミナルと国内線ターミナルがなかなかに遠い。
外から行くのですが、早朝でまだ真っ暗やし全然人いないし矢印も途中でなくなるし、めちゃめちゃ不安なりながら歩きました。



無事到着して、ほんと、英語ばっかりや~!オーストラリア来たんや~!とちょっぴり感動
またチェックインして荷物預けて、2時間ほど待ちました。

空港内にて、オーストラリアで初めてのお買い物!



水。600mlで3.5AUSドル。1AUSドル=約85円だったので、約300円でしょうか。
日本に比べると全体的に物価がかなり高いです。
物によるんですが。食料品はとくに高い。でもスーパーはセールで安くなることが多いです。賞味期限近いわけでもないのに半額になったり。
まぁこれはまた後日紹介しようと思います。

で、水の話に戻りますが、3.5ドルというのは空港価格ですね。
市内のコンビニだと2ドルとか。
スーパーは安くて、1ドル。そして1500mlが70セントとゆう謎の現象。なぜ量の多い方が安いのか…
不思議ですね。
ちなみに日本と同じ軟水なので普通に飲みやすいです。
一応水道水も飲めます。が、ちょっと臭い…


さぁそして国内線で2時間ほどでシドニーに到着。エージェント(トラトラ)の方にお迎え来てもらって市内のオフィスでもろもろ説明受けました。
トラトラではケータイの契約もできます。いろんなプランがありますが私はとにかく安く抑えたかったので、自分でケータイショップに行って買いました。
ケータイに関してもまた今度記事にしようと思います。




次はホームステイのことを書こうかな。
いつになるか分からないけども。今月中にがんばります笑

今日はただの暇つぶし更新でした~~笑

出発前の準備

2016.12.13.Tue.21:27
出発の1ヶ月ちょっと前にビザ取得して、取得後すぐに航空券予約しました。
大阪からシドニーへは直行便がないので、東京かケアンズ経由が一般的。

私は安く抑えたかったのでジェットスターで、ケアンズ経由で片道5万ほど。
LCCは座席狭いからしんどいかなーとか思ったけど、全然普通でした!たぶん(笑)
たまたまか分かんないけどめちゃくちゃ空いてて、私の列だれもいなかったから広々と使えて快適に眠れました。


オーストラリアは持ち込み制限が厳しいので持って行きたいものは大丈夫かどうか、大使館のホームページや留学情報サイト、旅行サイトとかで確認しました。
向こうの空港で荷物チェックされることがよくあるって聞いたので、持ち物全部リストアップして英語で書いておきました。



見えるかな?
↑と↓ラインまでがスーツケースに入れたもの、
ラインより下が機内持ち込みの手荷物に入れたもの。



申告が必要なものはきちんと入国カードに記入。荷物開けられんのかなぁ、何聞かれるかなぁ、とドキドキしてましたが、
X線検査通して、お菓子とか調味料もあったけど、薬だけ見せてって言われたから見せて「喘息の薬です」って言ったら「OK」と、あっさり終了。
荷物を開けられることはありませんでした。

このほかに、1ヶ月のホームステイ生活終わって引っ越してから家族にEMSで荷物送ってもらいました。
日常生活で必要なものはほとんどシドニーでも買えますが、とっても高いので、安心な日本製を日本で安く買って持って行きたかったので。

日本語が書いてるのとか果物の箱はチェック厳しいらしいので、無地の箱に詰めました。
ラベルと別紙に品目名、個数、重量、価格を細かく書く必要があるのでかなり面倒
だいたいテキトーやけど。



あて先はシドニーでたぶん一番有名なエージェントのトラトラさん。
私書箱としても利用できるので助かります。

自分で使うものと分かるようにpersonal useと、
ラベルに書ききれないので別紙参照と書いてます。
ラベルは郵便局でもらって、別紙は日本郵便のHPからダウンロードしました。



持ってったのはこれ~~





謎の記号が並んでるけど私も記憶にない(笑)
なに持ってくか悩んだけど、詳しく解説してくれてるブログがたくさんあったのでとても参考になりました。
なので興味ある人はそちら探してくださいな(笑)

私が持ってったものの中でいらなかったなーと思うのは文房具かな。
カラフルなペンいっぱい持ってたけど、ホストファミリーにメッセージ書くとき以外使わなかったし、バインダーもいらなかった。

あと、別送品は家族に迷惑かけないように、出発前に自分で準備して1度で済むように1年間で必要
なもの全部詰めてたんですが、
結果途中で帰ってきたから、夏服とか大量の生理用品は全くいらなかった!!
これほんと失敗~~しょうがないけど…

ちなみに箱の大きさはこんなもん。伝わるかしら?



これが私の荷物すべて。スーツケースはたぶん70ℓ?
ちなみに別送品も中身開けて確認されることがあるそうですが、私のは開けられた形跡はなかったです。
ただ、箱はボロボロなってました。角はつぶれて側面穴開いて。
そうゆうもんです^^
工夫して詰めなきゃですよ~~

オーストラリア留学のこと

2016.12.10.Sat.15:18
今年5月末から2ヶ月間、オーストラリアのシドニーで暮らしてました。
ほんとは1年の予定でしたが、色々ありまして。

留学を決意したきっかけは、
なにか新しいことしたいけど何をしようかと悩んでたときに、

日本にこだわらなくてもいいと思う

という人生の先輩の言葉を聞いたことでした。
韓国語を勉強したり、旅行したりして、海外に憧れを持ってたものの、
留学とかワーホリとか考えたことありませんでした。
でも、そんなことをサラッと言われたもんやから、
私もサラッと、たしかにそうだ!って思って^^

なぜ韓国じゃなく英語圏にしたか…
それは日々の生活の中で英語の方が必要だと感じてたから。
なぜオーストラリアを選んだか…
それは暖かくて安全そうなところが良かったから。

英語は苦手で、中学英語も怪しいレベルやけど、
そんなに深く考えずまぁなんとなくで決めました(笑)
そんなんでいいと思います。
実際シドニーで出会った人の中でも、海外憧れてたからとか、なんとなくって人けっこう多かったです。
自己紹介すらできない人もアルファベットまともに言えない、書けない人だっていました。
もちろん、日本でたくさん勉強して、ある程度できるけどもっと伸ばしたい、資格取りたい、将来的には移住したい、とか高い目標を持ってる人もいっぱいいます。
てかそっちの方がいいんですけどね。

私はとくに明確な目標持たず、たいして勉強もしないまま行ってしまいました(笑)
参考書買って中学英語復習してはいたけど、お金かけてでも英会話教室通えばよかったです。
これはほんとかなり後悔
決めてから出発まで1年近くあったのに…

私は日本ワーキングホリデー協会さんにサポートしていただきました。
最初はワーホリのつもりやったんですが、
ワーホリビザは1年間で4ヶ月までしか学校通えないということで、
超初級レベルの私は日常会話できるまでになるのは難しいかと思って、好きなだけ学校通える
学生ビザ(就学期間+1~2ヶ月滞在できる)にしました。
オーストラリアの学生ビザは2週間で40時間までなら就労も可能。

私はなにも知識なかったのですが、
ワーホリ協会さんが国選びから学校選び、ビザ申請、必要なもの、気をつけること、何から何まで丁寧な説明でサポートしてくださいました


写真もなく長々とすみません。
次の記事で出発前の準備についてお話しようと思います